みつき・どっと・ほむ


           mitsuki . home


01:mitsuki/みつき::Fi/Hu : Te/Fi
02:mikatsuki/みかつき::Br/Hu
03:mitsuchi/みずち::Br/Hu
04:mitsumi/みつみ::Gu/Hu
05:mitsuna/みずな::Gu/Hu
06:minatsuki/みなつき::Br/Hu
07:mitsuba/みつば::Fi/Bo(JB)
08:natsuki/なつき::Br/Hu
09:natsumi/なつみ::Ra/Hu
10:natsume/なつめ::Bo/Hu(DB)
11:natsuha/なつは::Fo/Te
12:natsuna/なずな::Ra/Br

(C)SEGA

Te/Fiのみつきです。


pso20140416_174104_007

このたびオーバーテイルを入手し、新たな扉を開けた予感です。
なお、買いました。自堀なんて(ry

いわゆる「殴りTe」ベースの私ですがプルミケの参入から「劣化Fo」の幅をもうちょっときかせたい願望から
オーバーテイルの導入に至りました。
ちなみにオーバーテイルの攻撃力に関してですが

それぞれの滅牙ウォンド誤差です。
いってしまえば「オーバーテイル滅牙ウォンド」じゃないかな?

ただ逆に考えれば滅牙に依存することなく同等のテクニックが撃てるという事。
PP効率が別ものだという事。


という理由で導入しました。

PP効率・・・・なんで甘い響き・・・・。

もともと殴ればいいじゃないかっていう考えだったんですがどうにもイル系テクニックの威力が高く・・・・。
すごく・・・・PA偏重してます。半年後までの調整でどうなるのかなぁ

という事で「劣化Fo」スタイル拡張のキーとなりました。

またオーバーテイルの一番の長所はプルミケロース動揺 技量条件
というか事実上条件フリーですよね。

ただし、当然ウォンドと違って殴れません・・・・。
その影響が割りとでかい。



20140416TeFi全武具


以上、オーバーテイル含めて11本の活用武器とブラオニョイボウあわせて14本の武器達

色々と私のやり方が土台のPPありき。


20140416TeFiパレッドイメージ

武器パレット編成例。
もうね・・・武器が多すぎて・・・。

ゲームパッド勢なのでドラム式変更になるため武器の上下配置はわりと重要で・・・・。
その辺わりと意識してます。

基本的に下側打撃武器枠はだいたい2枠とってるんですが状況により1枠になったりならなかったり。

そういえば最近スキルツリー公開した事なかったなぁ・・・。


私のTe/Fiのスキルツリーはこんな感じです。

メイン:テクター(Te)スキルツリー
サブ:ファイター(Fi)スキルツリー


テクターは今後の前提条件緩和と70開放で事実上SP10ほど浮くと思われるので今後のスキル振りが楽しみです。
ただ、内容を見る限り、ウォンドラバースやリアクターを習得しにいってるタイプのツリーじゃないと緩和の恩恵は薄そうです。



昔から、ゲームではウェポンマスター的な要素に憧れていたため
どんどん武器種が増えていくのは嬉しいものですネェ・・・。

Fi/Huでも武器を使い分けるという楽しみが面白いとこであり・・・。



しかり、わりと切実に武器パレッドが足りない・・・・。

ロッドまで増やしたものだから・・・・。

単純に使う分には

エリュ、ロッド、ウォンド、タリスに違いはなく・・・・。
けど、全部同じではない・・・・。


かつ、ロッドいれるとウォンド枠が減り・・・・。
滅牙あわせるのがだるくなったりと・・・。


武器パレ10個ぐらいあればいいんだけどならないかなぁ・・・・。
今度の、武器パレチャットショトカとかで解決できないかな?


理想は

エリュシオン
オーバーテイル
滅牙ウォンドA
滅牙ウォンドB
プルミケロース
Fi武器A
Fi武器B(ニョイボウ・ブラオ)



まぁでも・・・毎度の事ながら使い分け、運用に慣れるまではかなり疲れそうです。

現実はそう甘くない!!!


オーバーテイルで安定的にテクニックが撃てるとはいえ
速度ならエリュシオンですし

そこまで威力を考慮しない防衛戦などならいざという時に投げれないロッドより
最初からプルミケロース持ってれば済む話ですし

かつ、状況によってはゾンディ法爆で叩ききるためウォンドも当然存在。
PP回転やラッシュ時はこちらで叩きこむことになる事もあり、主武器である事から・・・・。

いざ、揃ってみると4種すべてがふわふわした状態になってしまいました。
ロッドのなかった3種類の時はハッキリしてたのになぁ・・・。


まぁそれこそがやりがいなんですが・・・・。
プレイしてて妙に複雑で辛い・・・。

こういうときは気分転換にFi/Huだね!!!(おぃ
まぁ、せっかく作ったわけだしフォースで使えるわけだし(本来フォース武器である)

まったり考えていこうー。


ちょいとファイターやってますみつきです。

pso20140411_222052_036


ナックルのメテオフィスト
ワイヤーのカイザーライズ

これらの遠距離PAが実装してからファイターもといFi/Huでどうかわったかなとプレイ中。

実際はワイヤードランスはハンターの武器・・・・ですが。

ここではFi/Hu総じてファイターとさせていただきます。



もともとから、道中の雑魚もとい、対複数はハンター武器のほうがやり易かったのですが
ワイヤーにも遠距離PAが出来たものだから更にやりやすく・・・・。

現状、雑魚を纏めて倒すのが目的ならFiじゃなくてHuでいいんじゃないかって具合に・・・。

といっても、対ボスなど1対1になってくるとFiに軍配が上がるのでなんとも言えないところ。


っていうか、座標打ち上げダウン実装しちゃったのが・・・・。カイザーライズ
個人的にテクニックのラザン的運用も出来ちゃうのが・・・。

Fi/Hu武器でワイヤー以外のダウンPAが死んだ瞬間である(極論)


セイクリッドスキュア、カイザーライズ、メテオフィスト


全て同じような遠距離PAですが、ヒット判定や範囲、ダウン有無など厳密には全然違う性能なので
使い分けることで遠距離戦で真価を発揮できると思ってます。


20140410ロングレンジPA
(C)SEGA

PAパレッドはこんな感じです。
絶望的に武器パレッドが足りていない状況なので、オリコンを利用して状況毎に目的にPAを出す形になります。
攻撃段数とそれに伴う攻撃モーションをある程度把握しないとPAを誤爆しちゃうのである程度慣れが必要。
メテオフィスト2段目ももともとアッパーだっただめ、誤爆が多いの多いの・・・・。


海岸道中とオルグブラン




武器種的にまったく同じ事がハンターで出来るため・・・・。
もうこれハンターじゃないか!!!
というのは無しにしよう!

実際8割ハンター武器しか使ってないけど!

Fi/Huの自由度が高まった気がします。

久しぶりにファイターですよ。みつきです。

Te/Fiの裏にはFi/Huアリ。

avi_000446900
(C)SEGA

というのも実はヴァイスコメート・・・はストロングゴコウが既にあるからいいとして・・・。

バイオゼクト」を手に入れてから初めてのFi/Huです。


実際のところ、それまでアメンホテプを愛用していたため、真面目に攻撃力のあるダブルセイバーはかなり久しぶり。

というか、ダガーナックルが強くなってからは初めて。


更に、今回「ケイオスライザー」というPAが実装したため、その感触を試すつもりでFi/Huでちょこっと遊んでみました。

ダブルセイバーを主力に動いてみたのって何ヶ月ぶりだろうw



ダブルセイバー:殲滅の型





個人的に、ダブルセイバーは軸にするPA次第で「単体型」と「殲滅型」で動くことができました。
というか、以前にダブルセイバーが流行った理由もそこですよね・・・。

デッドリーアーチャーを連打する単体型
トルネードダンスとかまいたちを軸にした殲滅型



デッドリーアーチャーは説明するまでもないんですが・・・。

トルネードダンスに関しては武器アクション「かまいたち」と交互に使用する感じになります。
あんまり、ゲージや「かまいたち」自体を意識しすぎると使いどころに悩んでしまうので

トルネードダンスを使うための事前手段として使ってます。

20140328ダブルセイバーPA





(C)SEGA


たとえばナックルを使用する際、1段目PAを連打するためにスウェーを挟むと思いますが
それとまったく同じです。

また、「かまいたち」自身によってゲージを溜めることが出来るため、ギア3を意識して出すよりも

ギアを最初から小出しにしておくことでゲージを安定して溜めることが出来、結果的にギア3かまいたちを撃つ頻度も上がってきます。


そして、その殲滅の型に新PAケイオスライザーを混ぜてみます。

ケイオスライザーからのデッドリーアーチャーも強いのですが・・・・・。
どっちが良いのかはまぁ今後、やっていきながら考えてみます。

といっても雑魚殲滅であればHu武器を使用したアザースピンセイクリッドスキュアもあるためなんとも・・・。
ただ、逆に言えばワイヤーを用意する必要がなくなったと・・・。
セイクリに関してもナックルに似たようなPAがくるみたいですし・・・・。



また、ケイオスライザーの使用によってギアが全部消費されることを嘆く場面も多いですが
ケイオスライザーが真に活きる場面では、おそらくケイオスライザー一発でギアが1溜まると思われます。
少なくともケイオスライザーから纏めた後PP回収と攻撃の基点としてステアタを一発入れるとそれは間違いないです。

その時点で、かまいたちをまとい、トルネードダンスノンチャデッドリーアーチャー等を入れることで一瞬でギア3にまで上ります。

そして次の2手目からが本番。まぁ1手目で十分なんですが2手目で仕上げる感じになります。

avi_000448980
(C)SEGA

まぁつまり、瞬間的にギアを最大にできる環境が、エネミーが大量にいる状態であるため
もともと、3匹程度であればデッドリーアーチャーで各個撃破したほうが早いというようなPAみたいです。

テクターがゾンディールで敵を纏めて多重法撃爆発で雑魚殲滅において局地的に超火力を発揮出来る

ようにこのPAも、ほぼそんな印象でした。



またシザーエッジの変わりにダウン技として機能するのが便利なところですね。

ツインダガーシンフォニックドライブでも比較的簡単にダウンが取れますが
複数まとめてダウンを取れるというのは結構貴重です。

打ち上げは迷惑というイメージがありますが
打ち上げPAは飛行系エネミーをその場に落っことす事が出来るため
相手と場面をしっかり選べば有用です。


ゾンディールとラザンを組み合わせたような技になりますからね。
範囲性能はさすがにゾンディールにかないませんが・・・・・。


まぁしかし、今のPSEバーストの仕様だと活用・・・・は難しいのでなんとも・・・・。

やっぱり、そういうところは本業ゾンディール使えるテク職とは住み分けされてる感じですね。










最近、ファイターダガーのファセットフォリア含めて
わかりやすく強くないが、使い慣れてくると意外と便利

というようなPAが実装されてきてるのでこのまま壊れPAを実装する事なく面白い方向に進んでもらいたいです。
まぁ次の「メテオフィスト」がちょっと嫌な予感してますけどね。

接近しないナックル・・・・・。ぅーん・・・・。パルチさん唯一のセイクリ・・・。

法撃適正皆無のキャスト。どうもみつきです。


そんなひねくれた気持ちでPP特化の道へ走ったんですが・・・。

今回イルバータというまさにPPが活きそうなテクニックが実装したので使ってみました。

Te/Fo や Fo/Te でやったほうが当然強いのでしょうがTe/Fiで活用できなきゃダメなのです!私は!





ポイントはPPリバイバルが当然ない事。

あとイルバータ7発+カスタムザンバースの合計の要求消費量がPP199だということ。
このためOPが不完全なエリュシオンではPPが足りないため、あえて一発目をアクルカータで撃っています。

フォトンドリンクを飲めば、この点は簡単にクリアできますがシフタドリンクでただでさえ低い火力を補っています。
最初から支援目的などであればPP勝負なのでフォトンドリンクを飲むんですが・・・・。

あくまでもTe/Fiとして可能な限りの戦闘スタイルを展開する。
イルバータは新しい糸口になりそうです。


あ、でもフォースをレベリングする際はやりたい放題やります(ニヤリ




そしてもう一つ、アプデで事情がかわったお話。


テクターやってると嫌でも気になる「装備条件
複数のウォンドを扱うため、多様な装備条件に適応する必要があります。
打撃条件や技量条件も決して少なくないので・・・・。特に滅牙ウォンドは・・・・・(後述)


そして私自身キャストであるため、法撃関係のステータスが絶望的に伸びません。
現状テクターは滅牙ウォンドをそれぞれ持てれば、高要求の高性能ウォンドを持つ必要は特にありません。

とはいっても最低限必要な法撃力はあります。

それは「イエーデクラブ」を装備するのに必要な法撃力650
一見簡単そうな数値ですが私はキャストです。

あと必要なのはそれだけではなく、私がテクターで使用しているナックル。
ヴァイスコメート」に必要な要求値:打撃力600

更にこれだけではありません。
アクルカータ」に必要な要求値:技量450

武器毎にマグを持ち帰れば済みそうな話ですが割りと簡単な話ではなく・・・・。

というのも出来るだけ一つの環境である程度こなせる「超絶器用貧乏」を目指しているのもあって
フィールド毎にツリーを使い分ける。なんて事も滅多にありません。

ただ、それだけテクターに可能性がある事を信じてます。



しかし、そんなところにひょこっと現れたウォンドが・・・・。

20140328キングイエーデクラブ

キングイエーデクラブです。
報酬期間でもない今無理にイエーデクラブから乗り換える必要は特にないんですが・・・。

目玉はその装備条件です。

打撃力550になっています。

そう、つまりイエーデクラブの法撃力650をクリアする必要がなくなりました。

といってもバッサリマグから法撃を削るとさすがに法撃力の低さが否めないので
マグは作っていたバランス型「打撃40 法撃105 技量30」をそのまま使っていきます。

これにより、実は「法撃無振り」のマグであっても「滅牙ウォンド」が全て装備可能になりました。


以下条件はこのとおり

打撃550 炎:原生滅牙 キングイエーデクラブ
技量450 氷:海王滅牙 アクルカータ
打撃530 氷:龍滅牙   バリドランウォンド
打撃530 闇:龍滅牙   バリドランウォンド
技量420 光:負滅牙   ダガッチャウォンド
法撃500  雷:機甲滅牙  ガーディトーチ

打撃500 闇:エリュシオン

技量400 タリス:プルミケロース

打撃600 ナックル:ヴァイスコメート
打防420 ダガー:マリーネイルス
打防400 ダブセ:バイオゼクト



なお、風ウォンドがありませんが、ダガッチャウォンドとキングイエーデクラブにその存在が完全に喰われているため

新しい風弱点エネミーが出現するまで空席となります。


高要求の法撃条件がなくなったため、要求達成が安易に。
これでスキルツリーでSP4使用して調整していた部分を開放する事ができたので
新たに活用できるスキルに振りなおします。


調整バランスマグが完成目前での登場だったんですが、ツリーの要求調整を崩す事が出来ただけ嬉しい結果です。



最後に予断ですが新しく実装したFoTe装備可能なナックル「シロクロー
これの要求は法撃防御425

キャストテクター・・・・。お察しください。

Te/Fi謳歌中のみつきです。


そろそろ、しばらくFi/Huになろうかと思ってるんですけど

Te/FiでファイターできるんでずっとTe/Fiな状態です。


ずっとTe/Fiをしながら、また昔はFi/Teをしながら思ってた事。

TeでメインのFi武器を振りたい・・・・。
Fiでメインのウォンドたちを振りたい・・・・。

そんな中に、現れた「マリーネイルス
そして今、「バイオゼクト」と「ヴァイスコメート」が普及し
事実上、Fiのメイン級武器がTeで使えるように。

私は「Te/Fi」で使えるものは全て使うスタイル。
TeでありFiであり・・・・。という感じです。

Elを手に入れ遠距離火力を補強。
PP超特化とプルミケロースによって、あたかもFoのPPリバイバルをもったような支援手数

その上で、「テクター」としてプレイしてます。

なお、未だに「サザン16」は持っていない模様。


以下、全て同じスキルツリーによる同じ環境。

龍滅牙による3分ヴォルドラゴン

大型ボスとソロで最近戦ってなかったので・・・・・。
テクターの基本仕様通り?の戦い方。
打撃と法撃爆発によるダメージソース と 状態異常などを狙ってテクニック
上手く切り替えて凍結手段とダメージソースを両立。






構想上の型:スノウ夫妻戦

ウォンドラバースでステップを手に入れたテクターですが。
3段目やザンバースを敷く暇がない状況であれば理想よりかなりDPSが下がります。
ステアタオンリーになるようであれば、ステップしないほうがマシで
「ミラージュしたくない」という思いでボスエネミーのモーションを盗んだ方がマシです。
ウォンドラバースの+35%のおかげで、強くなったように感じますけどね。
まぁウォンドステップ幅自体、性能いいものでもないですしね・・・。

動画は「素直に殴ったほうが良いだろ」状況も結構ありましたけど・・・・。ぅーん。
ダブルセイバーナックルのステップを駆使して確実に削っていく戦法の構想という事で。
肉薄してるのでPP元を確保しやすいところも。

私が構想上、理想する戦い方が、だいたいこういう方向性。




Te/安置ツインダガー

ウォルガータは空中安置。
ということでチェイスを貼り付けて(無くても威力不足にまではならない。
ツインダガーでバリバリ攻めます。
Fi/Hu」で済む話ですけどウォルガータに出会うたびに「Fi/Hu」にするためロビーに戻る
というのはまた無理は話。

Teで出来るからこそ意味がある。と思ってます。
なおマリーネイルス雷属性のためダメージ倍率にエレメントウィークヒット+20%が乗ってます。








Te/Elによるゴロンゾラン

遠距離の瞬間火力を引き出すためにエリュシオンを使用し
ダウン後、ラッシュを適正滅牙ウォンドで畳み掛ける。

テクニックと打撃攻撃、使い分けの亜種。
同じ闇属性でEHWが乗っていても龍滅牙の差によりチャージテクニックおよび、打撃攻撃
バリドランウォンド
のほうが性能は上。





背のりダガー

サブHuでもパルチ使って同じ事できますよねぇ。
動画みたいに乗って乱打する場合もあれば、そのままツインダガーで戦う事もあります。

ツインダガーはギア3でダメージ倍率が+50%されるので、サブ利用でも
しっかりギア運用できれば、主力級の強さに化ける事も。

上のウォルガータなんかがそうですねw
シンフォニックドライブは問答無用でロック箇所に飛んでいく習性があるので
殻にもぐったゼッシュレイダなんかも頭ロックしてれば蹴れます。

その上でギア3を維持できているのであればテクニックを撃つよりもシンフォニックしたほうが強い状況も多い。
それでゼッシュレイダひっくり返してました。まぁケースバイケースですけど。いろいろと。
別にゾンデ使っても問題は無くw

エリュシオン
手に入る前は龍祭壇の「ディランダール」に対してはシンフォニックで蹴り倒してました。
闇テクニックは挙動が遅いのもあり、闇以外を選択するとEWHが適応されず威力が下がるからです。
その上で遠距離テクニックで致命的なダメージを出せなかったため、シンフォニックが正解に・・・。










Fo(El)の特化ツリーや今をゆくBr・Guなどには当然及ばないところも多いですが・・・。

私は、こんな感じな考えでテクターを謳歌しております。


テクターどう見ても強いと思うんだけどなぁ・・・。うーん。
どうして未だに弱職という扱いなのか・・・・疑問。

EWH2実装したら「古の誓い」的倍率がFiブレイブスタンスと一緒の44%だよ、やったね。
なんか存在はあるらしいんですけどね・・・・。

ただしこれが実装したらそれこそ「属性一致してないウォンドはその状況では一致ヴィタ武器以下
極端だけどそれぐらいインパクトある差が生まれるんだろうなって思うと
というかその手の武器も今じゃクラフトできて強いですしね。

EWH2を出すことで「ほぼ各属性揃えるのが強制」みたいな職環境になるのを恐れてるのかなぁ・・・。

まぁ、でも「公式KMR」が「特化武器・武器の使い分け」という環境を作っていくとばっちり発言があったから
テクターの今の使用「特化武器を揃えて始めて一人前」は覆ることはないんだろうなぁとしみじみと。

まぁでもあの発言はうれしかったです。
今のテクターの縛りともとれるEWHを活かすのに必須になる全属性武器。
これが今の公式の方針そのものだから。


まぁ、そこが好きなんですけどね。やりこむだけ輝く原石みたいなクラスで。
クラスを理解してこそ!ってところもテクターの魅力ですしね。
間違っても昔のFoや今のBrGuみたいなクラスにはなりたくない・・・・。

このページのトップヘ