久しぶりにファイターですよ。みつきです。

Te/Fiの裏にはFi/Huアリ。

avi_000446900
(C)SEGA

というのも実はヴァイスコメート・・・はストロングゴコウが既にあるからいいとして・・・。

バイオゼクト」を手に入れてから初めてのFi/Huです。


実際のところ、それまでアメンホテプを愛用していたため、真面目に攻撃力のあるダブルセイバーはかなり久しぶり。

というか、ダガーナックルが強くなってからは初めて。


更に、今回「ケイオスライザー」というPAが実装したため、その感触を試すつもりでFi/Huでちょこっと遊んでみました。

ダブルセイバーを主力に動いてみたのって何ヶ月ぶりだろうw



ダブルセイバー:殲滅の型





個人的に、ダブルセイバーは軸にするPA次第で「単体型」と「殲滅型」で動くことができました。
というか、以前にダブルセイバーが流行った理由もそこですよね・・・。

デッドリーアーチャーを連打する単体型
トルネードダンスとかまいたちを軸にした殲滅型



デッドリーアーチャーは説明するまでもないんですが・・・。

トルネードダンスに関しては武器アクション「かまいたち」と交互に使用する感じになります。
あんまり、ゲージや「かまいたち」自体を意識しすぎると使いどころに悩んでしまうので

トルネードダンスを使うための事前手段として使ってます。

20140328ダブルセイバーPA





(C)SEGA


たとえばナックルを使用する際、1段目PAを連打するためにスウェーを挟むと思いますが
それとまったく同じです。

また、「かまいたち」自身によってゲージを溜めることが出来るため、ギア3を意識して出すよりも

ギアを最初から小出しにしておくことでゲージを安定して溜めることが出来、結果的にギア3かまいたちを撃つ頻度も上がってきます。


そして、その殲滅の型に新PAケイオスライザーを混ぜてみます。

ケイオスライザーからのデッドリーアーチャーも強いのですが・・・・・。
どっちが良いのかはまぁ今後、やっていきながら考えてみます。

といっても雑魚殲滅であればHu武器を使用したアザースピンセイクリッドスキュアもあるためなんとも・・・。
ただ、逆に言えばワイヤーを用意する必要がなくなったと・・・。
セイクリに関してもナックルに似たようなPAがくるみたいですし・・・・。



また、ケイオスライザーの使用によってギアが全部消費されることを嘆く場面も多いですが
ケイオスライザーが真に活きる場面では、おそらくケイオスライザー一発でギアが1溜まると思われます。
少なくともケイオスライザーから纏めた後PP回収と攻撃の基点としてステアタを一発入れるとそれは間違いないです。

その時点で、かまいたちをまとい、トルネードダンスノンチャデッドリーアーチャー等を入れることで一瞬でギア3にまで上ります。

そして次の2手目からが本番。まぁ1手目で十分なんですが2手目で仕上げる感じになります。

avi_000448980
(C)SEGA

まぁつまり、瞬間的にギアを最大にできる環境が、エネミーが大量にいる状態であるため
もともと、3匹程度であればデッドリーアーチャーで各個撃破したほうが早いというようなPAみたいです。

テクターがゾンディールで敵を纏めて多重法撃爆発で雑魚殲滅において局地的に超火力を発揮出来る

ようにこのPAも、ほぼそんな印象でした。



またシザーエッジの変わりにダウン技として機能するのが便利なところですね。

ツインダガーシンフォニックドライブでも比較的簡単にダウンが取れますが
複数まとめてダウンを取れるというのは結構貴重です。

打ち上げは迷惑というイメージがありますが
打ち上げPAは飛行系エネミーをその場に落っことす事が出来るため
相手と場面をしっかり選べば有用です。


ゾンディールとラザンを組み合わせたような技になりますからね。
範囲性能はさすがにゾンディールにかないませんが・・・・・。


まぁしかし、今のPSEバーストの仕様だと活用・・・・は難しいのでなんとも・・・・。

やっぱり、そういうところは本業ゾンディール使えるテク職とは住み分けされてる感じですね。










最近、ファイターダガーのファセットフォリア含めて
わかりやすく強くないが、使い慣れてくると意外と便利

というようなPAが実装されてきてるのでこのまま壊れPAを実装する事なく面白い方向に進んでもらいたいです。
まぁ次の「メテオフィスト」がちょっと嫌な予感してますけどね。

接近しないナックル・・・・・。ぅーん・・・・。パルチさん唯一のセイクリ・・・。