みつき・どっと・ほむ


           mitsuki . home


01:mitsuki/みつき::Fi/Hu : Te/Fi
02:mikatsuki/みかつき::Br/Hu
03:mitsuchi/みずち::Br/Hu
04:mitsumi/みつみ::Gu/Hu
05:mitsuna/みずな::Gu/Hu
06:minatsuki/みなつき::Br/Hu
07:mitsuba/みつば::Fi/Bo(JB)
08:natsuki/なつき::Br/Hu
09:natsumi/なつみ::Ra/Hu
10:natsume/なつめ::Bo/Hu(DB)
11:natsuha/なつは::Fo/Te
12:natsuna/なずな::Ra/Br

(C)SEGA

カテゴリ:●フォース

フォース改め、タリサーと称しようかと思ってるみつきです。
                       

といいますか・・・。
テクターやってるとフォースやる気にならないんです・・・・。

もともと私はフォースタリス主体でやってて、「自称タリサー」やってたんですが
テクター実装と共にじわじわと打撃脳が開発されていき・・・・。

今ではメインテクターとなりました。
それで私、特にロッドが好きなわけではなくて
それで断然ウォンドのほうが好きなもので、フォースである必要性があやふやになっていき


最初は交互にやってたんですが・・・もうロッド使わないなら
タリスとウォンド」好きな武器種が使えるテクターでいいじゃないかってことでまとまり


テクターメイン!!!にシフトした次第です。

それからですかね・・・・ウォンドをキッチリ揃え始めたのは・・・・。


ただ、やはりテクターをやっているとどうしてもウォンドが主体になってしまうので
タリスを使う場面が超限定的なんですよね・・・。

いや、その限定的場面を埋める役割があるからこそ、輝いてるとも言えるんですが
でももっとブンブン投げたいじゃないですか()

でもテクターである以上、殴った方が火力出るのに
タリステクニック主体で動いてもしょうがないんです。




とまぁ、なにはともあれフォースもそのうち65レべルに上げなきゃいけないので・・・。
ならばタリステックボーナスというタリサー歓喜なスキルが来るならそれで行こうと思ったしだいです。

Te/Fi なのでサブでもメインでも今はフォースやってないんですよね・・・。
だからやる動機が現状一切無いという。


あんまり、脳死的なレベリングって好きじゃなくって・・・・。
磨き上げるモノが無いとやる気にならない・・・・。



まぁ普段からテクターでも範囲ラゾンデとかで十分タリス活用してるんですが
せっかくだからとちょっとフォースになってタリスで遊んできました。



デ・マルモッコス★ミ さん。


個人的に角の狙い方が面白くて好きですw
テクターだとツインダガー使って直接背中に乗ってボッコボコに殴り倒すんですがw

まぁ、今回はタリスがテーマってことでデマルモスぬっころしてみました。

また、面白い挙動の炎テク二ック、ナ・フォイエさんがいるじゃないですかということで
燃えて、燃やしてみました。

ダル・マルリ編



デ・マルモス編
 


ナ・フォイエのタリス挙動、「直落下」って、扱いがいがありあますねw
これ撮ってて楽しかったですw







あくまで今後もメインテクターとしていきますが・・・。

今後、積極的な扱いが認められるだろうタリス


タリサー
としての稼働。




大型アップデート楽しみですね




フォースのレベル上げが終わったら、Te/Foにしてタリサーと称してるかもしれませんが・・・。

まぁ、それに関してはテクターとしてのメインはあくまでTe/Fiと言いきります。

タリサーは2番手職みたいなもんですかね、現状の構想というか考えだと。




ずっと憧れてた武器を買いましたみつきです!!

20130924祝キングスビット4


キングスビット買いました!!
法撃系キャストなら?一度は憧れる!!

まぁタリスは最低限の威力が約束できれば十分なので・・・・。
(元タリス使いがそういうこという・・・。いやまだ現役よ!!)


超希少武器だったものが今では、希少でもなくなった。
そんなことで価値が激減しましたね。いうて希少性というステイタスが無くなれば
うえにはダガッシュタリス


でも、ずっと欲しかったんですよね・・・・。
自分的にここだ!ってタイミングで購入に踏み切りました。



そして・・・愛を込めます



本職テクターウォンドに愛込めろよってところなんですが・・・
なんせ本数がアレなんでお金ありません(白目)

あ、サラッと言いますが
豚小屋さんところでリンガーダ動画、紹介してもらいました。
ちょっと不細工な闘いだったんだけどなぁ・・・。
一応いっておくとあのPP186だかなんかのアレ
フォトンドリンク飲んでません。
シフタドリンクです。




最近いつも仲良くしてるフレさん達の愛を貰いつつ(生温かく見守ってもらいつつ)
何度も愛を注入し・・・。そして・・・・。

注入完了

ってことで

20130924キングスビット4


無事4スロにすることができました!!


素材も2セットしかなかったので一回目でスピリタブースト以外全て堕ちた時は固まりました。



スタートクラスはフォースでしたし、その初期からタリサーと言いますかタリス使いだったので
やっぱりタリス好きです。

テクターになってからは使う頻度激減しましたけどね・・・。

それでもエクストリームクエストでは主力です。



Te/Fiなんですがこれ持つとPP191なので、PP使い切るまでに殲滅完了できます。

Fo要素ゼロTe/Fiですけど、エクストリーム時は半分以上フォース化してます(´・ω・`)




まぁPP特化装備というか私の軸でこっちが先行してるんですが
後付け的意味では、装備で「PPリバイバル」をカバー代用しています。

なので「PPリバイバル」という「法撃職の核」から脱却しました。
つまり依存する必要もないため、テクニックによる遠距離攻撃という手段も
サブFiでストレスフリーです。

そもそもサブFiテク二ック強化しても数撃てないだろうというのが
それでいて結局接近戦になるならサブHuで良い、ということになるんですが・・・。
私の場合、そのテクニックフォース級の手数に撃てるので・・・。

PBプロイPPコンバPPリバ受けというフォース特性の例外ももちろんありますが・・・。



っとタリストークから逸脱しすぎた・・・。そろそろ閉めよう・・・。


ところで・・・。
豚小屋さんで扱ってもらった動画というか
私自信、
装備に攻撃強化OP未搭載で技量とPPしか積んで無いので・・・。
正直、火力比較の参考には・・・・とちょっと思ったり・・・。



明日からがまた楽しみです。

キングス・・・ニヨニヨが止まりません・・・。
これも勢いで書いてますからね・・・記事。

さぁ今度はウォンドをブラッシュアップしないとね!!
もちろん、量産ウォンドでコスパ良好なところ狙うよ!!!
属性で5~6本揃えるのはテクターの義務だから・・・・。

でも・・・・あぁメメタが・・・・。無い・・・。orz

今は属性強化緩和で交換ネリアとか使って簡単になりましたね

日頃からタリス愛用させてもらってますみつきです。

といっても現状、単体狙いのゾンデが強いのでロッド遠距離で安定しちゃってますが、、、
あとPP特化なのでタリスでPPを回すという概念が割と欠けかけてます。

たまにタリス使いとしてこの辺 欠如してるのはどうなんだろう、、、と思う事はありますが
タリスよりガンスラがPP回転安定してるので結果

タリスによるPP回収を長所だけど、そこだけ言い始めても仕方が無い状態なので まぁいいかなと











さてタリスは普通に敵をターゲットして投げても、PPを安定的に回す役割や早いJA
そしてそれなりに遠隔テクニックを活かすことはできます、、、、が


タリスはPP得るうえで確かに役に立ちますが、実はガンスラ撃った方が効率がいい上
持ちかえ前提ならロッド持った方がはるかに「遠距離」として安定してるんです。

そしてJAタイミングで連続で投げたりテクニックを入れる場合の射程距離は
すごく短く、実質的に「中~近距離」を強いられます。

ボス戦だと顕著ですね。


そしてタリスを投げるだけでも、通常エネミーを通常視点ターゲットから投げ当て
PPを得たり、そのままJAでテクニックを発動したります。---が、

拘ってタリスを使い続けるのもその人のプレイスタイルですが

ガンスラロッドより簡易的に見て劣っているのは確かなのに
それ以上の効率性や意味あいを生み出して使えないのであれば、ただのファッションで終わってしまいます。

一歩足りないものを自分流に効率や意味合いを追及して、プレイスキルで上流(流行)種に並ぶようなことが
結構好きなものでこういう考えが結構好きです。

拘ってても自己満足で終わったらだめなのです、、、、


さてさてーーー

TPSで投げれるタリス使いと投げれない人とは越えられない壁があると思います。
故タリスはキーボードマウスプレイヤーじゃ無ければ厳しいと思うかもしれませんが
私はゲームパッド「Xbox360 for windows」を使用してます。
ちょこっとボタン配置いじってますが、
いじれば案外 快適ですよ

第一、投げる瞬間しかTPSにしないのだから
基本、通常視点でいいのです。



最初にタリスは投げて遠隔テクニックを放つ際
一度でJAで連続でテクニックを撃つ場合は「4回」まで撃つことが出来ます。
ただし、タリスが自動で停止する「最大射程」まで飛ばしていた場合は「3回以下」撃つことができます。
JAを無視、或いはノンチャージで使う事で「5回」まで使えるという話もありますね

また今挙げた回数を超えた次のテクニック「最大数+1」回目はタリスは投げた位置に止まったままですが
実際発動すると自分起点になってます。


なのでこれを把握しておくことで、テクニックの誤発や、タリスを過度に投げ直す必要がなくなります。

結局タリスがPPを得やすいからといって「誤発」を繰り返してればPP効率に置いてすら
ロッドに劣ることになります。



では一つ目タリスと言えば遠隔テクニックゾンディールにしろギ・グランツにしろ
ターゲット投げではエネミー本体にタリスが飛ぶためテクニックの発動起点が基本的に
エネミーの個体中心になります。

なので「巻き込む」形で複数のエネミーに当てることになります。


しかし、TPSで「エネミー軍勢」の中心に投げることがで、軍勢単位で当てることができます。
以下図説

タリス範囲図説


TPSで投げ込めるか否かが範囲内に捉えるエネミーの数に影響します。
同時に、一度で算出するダメージ総量も当然かなり変わります。
まぁテリトリーゾンディール使えば案外、設置位置関係なく巻き込めますが、、、、

また、「タゲ投げB(延長上)」も可能ですが、実際は距離感がつかみにくい上、
角度により、通過後地面等にあたってタリスが消失する可能性が高いです。


ロッド持ってエネミーの中央で使えばいいだけの話じゃないかって?

その通りでございます

ただし、発動位置にロッドもっていくよりも早くタリスが飛んでいきますが、、、





さて、二つ目に範囲の話をしましたがタリスでわりと有名?な技術といえば挟み撃ちです。

カルターゴやグヴォンダなどのエネミーに対して正面からタリスを投げてそのまま通過させ
エネミー背後のタリスから直線放射系のテクニックを背中に当てるというもの

相手の背後に回る必要が無くなる他、ファイターのスタンス切り替えも不要になります。


要は
発動起点(タリス)ターゲット(ロック)の直線状の間に攻撃対象を挟み発射する」というもの

ロッド等もってグヴォンダの盾をロックして背中に廻り込み「フォイエ」撃つと
盾に向かって飛んでいく過程で背中にヒットしますが つまりそういうことです。


まぁこうも分かりやすい使用機会少ないんですけどねw
ただこれの応用型は使う機会結構多いですw


んで3つ目支援テクニック

タリス使えば支援しやすい」とはよく言いますが
実際はTPSを使わず支援テク目的のタリスを投げる。というのはすごく厳しいです。
上記の範囲の話も含まれますが

一番の問題は「支援テクニックは発動位置より下側に判定が無い」ことです。
逆に「上側にかかなりの距離の伸びてます」。

特にボス相手だとロック位置が高い位置にしかなくタゲ投げだけだと
高い位置にタリスが飛んで行ってしまい、支援テクニックの範囲に味方が収まりません。
なのでTPSで出来るだけ低位置、脚元に投げるような練習、技術が必要です。

また、タリスが飛んでいく時間とチャージ時間、二つのタイムラグが発生するので
タリスの遠隔支援を行う場合はそこを計算にいれたいところです。




これは攻撃範囲テクニックに関しても当てはまり、ちょっと身長の高いエネミー飛行系相手だと
角度的にタリスが高い位置に飛んで行ってしまい
当たらない高さで範囲攻撃を誤発してしまうことも多いからです。

ギグランツ」は実は、これ発動位置より上側には判定が無い代わりに少しだけ下側に判定があります
なのでギグランツで有れば多少高い位置に投げても下側に当たります。

まぁタリス使いのうちギグランツを好んで使う人達も結構いますよね

飛行系エネミーの脚元ぐらい高さ、或いはサイクロネーダ等の頭の位置ぐらいの高さで発動し
高低両方を巻き込む使い方。が一般的?です。

※でもロッドでも(以下略




さて、、、、基本的な話ってこれぐらいなのかなぁ、、なんでもそうですけど
言い始めるとキリが無い。


あとは応用?こだわりとか追及みたいな話になってきますが

私が普段なにかタリス使う時、意識してるのは「空中投げ」です。
ラゾンデなど上に投げる時も含めてTPSでも短いジャンプを入れて硬直を消してます。
投げた後にジャンプして硬直を消すというのもありますが

個人的には投げる直前にジャンプして硬直を消しておく方が安全?でスムーズです。
そのまま空中ミラージュへ派生できますし、ミラージュ後の硬直もありません。

またテクニックを撃つと、一瞬だけキャラクターが空中で静止し(浮き)ます
この時間を利用し、静止中にTPSに切り替え次のタリスを投げることで無駄を省きます。

またTPS視点は視野が狭くなるので出来るだけTPSで居続けないというところでしょうか?
まぁ状況によりますけどね


あとタリスを使いこむ以上、タリスの欠点ももちろん把握して認めます。
故にタリスの特性が不能(不要)となる場面はロッドをもちろん使います。

ゾンデラフォイエを単純に撃つ場面など、完全遠距離戦になるときはロッド持った方が
どうやっても強いんです。

タリスに拘るのも大事ですけど、ダメなところまできちんと把握して使いたいものです。
場面場面で使い分けていきたいですね。

私も まだまだなので精進したいです。


さて最期に動画、タリスもって遺跡を流した動画です。
ギゾンデって直線放射系なので実際、雷テクの中でも部位をキッチリとらえやすいんですよねw
結構多用します。ミクダのお尻を叩くようにギゾンデ当てたりとw

適当に流してるので温かい目で見守ってください()

あと偉そうに 使い分けが大事とか言っときながら動画ではロッドは一切でてきませんご了承ください








そしても一つ
タリス(サ・フォイエ)でデマルモス戦です
デマルって弱点位置が面白いところにあるのでこういう実験相手にちょうどいいですねw

サフォイエは通常、上下に可動しません。横一線のみです。
しかしタリスで遠隔すると性質が変化し、上下可動するようになります。

なので遠隔で撃つと思いのほかヒットしたります。

そして、デマルモスでは、遠隔サフォイエの性質と上記に挙げた挟み撃ちを活用して倒します。
※「フォイエ」でも似たような事が可能

何をしたいのかというとデマルモスは基本的に装飾角がありはしますが
胴体しかターゲットすることができません
なので直接角を狙うことができません(現仕様ゾンデだと一応可能)

なのでタリスをデマルモスの上空に投げ、挟み撃ちの原理で角に当てます。

タリス(起点)デマルモスの胴体(タゲ)の間の直線状を狙う」

ことで胴体を狙いにいったサフォイエが角にヒットする というものです。
動画見たら早いですねw




雷・PP手数特化フォースのみつきです。


ゾンデの下方修正決定きましたね。喜ばしいことです。
今まで雷以外使ったことなかったんでゾンデが壊れてることに気づくのも遅かったんですが、、

使ったことないっていうのも極端ですねw
いやまぁ他のテクももちろん使ってますが、基本的に雷属性仕様なので


どおりでギゾとかラゾとかが弱くかんじるわけですよ、、、、

タリスラゾンデを愛用する私は、ゾンデとの関係は完全上位だと思ってました。
当時ゾンデの消費PP25ラゾンデは消費PP24  そうラゾンデが消費PP少ないんです


しかも、ゾンデよりラゾンデのほうが威力は高い設定です。しかしラゾンデが流行らなかったり
使う人がほぼいないのは使い方が難しいところ。


私はタリスでラゾンデを撃つ練習を昔かなりやり込んだので使う事に
違和感やけだるさを感じることは無いんですが


まぁ当時はそういうのもあってギゾンデが範囲として流行ってましたね。


ギゾンデこそ使うのは簡単ですが威力が弱く、消費PP28という仕様。
つまるところ使いにくいテクニックほど威力が強く消費PPが低いようになってたんですね雷属性テク


今はゾンデが消費PP23になって少なくなりましたが威力表記上、ゾンデよりラゾンデが威力高い設定は活きてます。誤差程度ではありますが。


まぁ何が言いたいかというと下方修正後のゾンデの威力はラゾンデを使えばほぼ一致するんですね
ガッツリ下がります。今の壊れたゾンデから威力。

ゾンデラゾンデ

こう在るべきなんです。


雷使いとして 雷に属するテクの相対的なバランス崩壊は見逃せません。


ゾンデが在るべき威力に戻れば、光テクニックがどう見ても優位に見えてなりませんが
ゾンデが戻ることで、相対的にゾンデゾンディールにその輝きが霞まされていた。

ギゾンデラゾンデサゾンデ

が輝きを取り戻します。

特にラゾンデゾンデのパワーバランスが絶妙なところは使い方次第でダメージ産出が変動するので面白いところ これが戻ってきます。

単体集中においてはサゾンデがDPS高くなりますが、瞬間性が無いのと着弾が遅くて外れることを考えると
ゾンデと使うところを悩む

そして敵を軽くいなす程度であればギゾンデで散らす
まぁギゾンデに関しては、ゾンディールが確実に決めれる場面でない場面で活きてきますね
現状そういう場面でも結局威力が壊れてるゾンデ撃った方がいいのでギゾンデの出る幕では無いんですよね


そして何より前に流行った火特化今後主力になるだろう光特化より一歩下がった強さに戻るであろうところ

だからこそいかに効率的に雷テクを選択するかとか考えさせてくれます。

少し劣ってるからこそ張り合いがいがありますねw


そしてそのため雷テクの特長としてボルトテックPPセイブを、持久性を最大限に生かすために
PP特化装備を進めてきました。

基本的に私は火力装備やスキルの火力振りは二の次にしてるので、火力最低限しか無いんですw

威力より無限弾丸計画を進めてきました。
結果として、攻撃と支援のPP的両立が出来るようになったというのがわかりやすい成果です。

まぁPPコンバケートス・プロイを合わせればバースト時にゾンディールを常時展開し続けて
単発的な殲滅力より継続的なダメージ産出が出来るようになってます。

まぁゾンディールも今のゾンデありきでの雷ツリーあっての、ゾンディールというのもあるんで

範囲としてノックバックのあるギフォイエや 純粋に威力の高いギグランツとどう別れるか
見ものです。私はハナっから雷特化なのでリセット配られても雷ツリー消すよ予定ないですから

雷テクタリスが活きますからねタリスタリス好きですよだから練習して
ラゾンデ肩投げ常用できるようになりました。

ゲームパッドプレイヤーですが問題ありません。






と今回は雷テクニックをとことん言いたい放題、偏見もって語って見ました。といってもまだ語りたりませんが、、、



ちなみに下の画像は非JAで出したダメージ一覧SS

明らかにゾンデだけダメおかしいですねw

火力特化であり、JAなど入れたダメを考慮するとそのギャップは凄まじいものになります。
ゾンデが在るべきカタチに戻ってくれるのであれば
ギゾンデ<ゾンデ<ラゾンデ<サゾンデ
になってくれると思ってます。
この数値でいうとだいたいゾンデが1000~1100ダメまで落ちればバッチリというところです。
1750ダメとか出てますけが これが700~600ダメ下げられる感じですかねー
そこまでガッツリぜひとも下げてほしい

半端に下げて結局ゾンデ強いとかやめてほしいです。
やるならしっかり下げてもらえるといいな

ゾンデ修正前比較
(C)SEGA


法撃キャストなみつきです。




けど最初のころ、誤差程度だと思ってたらキャストとして超えられない法撃職の壁はネガりましたねぇ
法撃防具なんてつけたことないですよ(

技量防具は神

んで正直に火力上げてもニュマにはかなわないとか言ってPPに手を出し始めたんですけど

PP上昇でかつ技量防具黄リュクス実装当時はテンション高まりすぎて発狂したました、、はい



浮遊実装前ぐらいからかなぁ PP特化の装備揃え始めたのやりはじめたの、、、じみじみ

最初は アドスピリタにラグネ スピブ、とかだったんですけどねー
当時これだと深刻なHP不足でしたw

キャストなので全然HPとか高いほうだったんですけど

ふつーにニュマにブルーミィとか装備されたらキャストの堅さなんて軽く超えられて、、、、

ふ、、、、ネガから立ち上がり、極めよキャスト(ぇ


動画ネタがなかったので適当にこしらえました(ぉ

以前にも書いた通り 今は雷特化といっても なんら変わりダネの無い流行りなんですが
(というか雷弱点量産しすぎ、そろそろフレの氷特化の時代きてください)

このたび、雷PP手数特化として進めてきた装備が最終形態化しました。

20130310黒リュクスPP装備


素PPが220
フォトンドリンクEXでPP240です。

ケーキドーピング入れたらPP243ですね。

火力皆無、といいたいところですが、ADVが格上相手に主流な今みな技量不足状態なので
補正最大(カンスト)になって無駄な技量値が無くなるという低技量エネミーに対する現象が起こらなくなるので

火力貢献が体感的にも顕著だと思います。

実際にwikiで「赤武器には技量補正ないんじゃないか?」ってコメントとかありましたしね

実際は技量が足りてないだけでレアの技量補正を相殺されてる、または今までの感覚のように
ダメブレが常に上部で安定しなくなっただけです。

その場合、エネミーからの被ダメも確定的なので、「奇跡的にHP残った」という率も無くなります。
確実にそのダメが入ってきますからね。

スティグマとラッピ、そして黒リュクスのセット効果による技量+110が仕事します。

そして、技量には打射法、打防射防法防の縛りが無いので、汎用万能防具になります。
とりあえず全クラスで使いこめるんで変に防具をそれぞれ用意する必要なくなりました。

Teは防御特化でいくんで専用のものを用意するんですがまぁPPユニットもFo専用といえば専用ですしね


PP総量が黒リュクス以上のものが出ればPP250が見えますが次新しいPPユニット出ても同等なPP量な
気がするので、永久最終装備の気分でやっていきます。

耐久性?キャスト舐めたらいけませんよHPと打射防御(誤差)

あとは今後の新しいユニットでTe用防具に着手します。
HPや防御特化の防具です。

このページのトップヘ