みつき・どっと・ほむ


           mitsuki . home


01:mitsuki/みつき::Fi/Hu : Te/Fi
02:mikatsuki/みかつき::Br/Hu
03:mitsuchi/みずち::Br/Hu
04:mitsumi/みつみ::Gu/Hu
05:mitsuna/みずな::Gu/Hu
06:minatsuki/みなつき::Br/Hu
07:mitsuba/みつば::Fi/Bo(JB)
08:natsuki/なつき::Br/Hu
09:natsumi/なつみ::Ra/Hu
10:natsume/なつめ::Bo/Hu(DB)
11:natsuha/なつは::Fo/Te
12:natsuna/なずな::Ra/Br

(C)SEGA

カテゴリ:◆ファイター

久しぶりにファイターですよ。みつきです。

Te/Fiの裏にはFi/Huアリ。

avi_000446900
(C)SEGA

というのも実はヴァイスコメート・・・はストロングゴコウが既にあるからいいとして・・・。

バイオゼクト」を手に入れてから初めてのFi/Huです。


実際のところ、それまでアメンホテプを愛用していたため、真面目に攻撃力のあるダブルセイバーはかなり久しぶり。

というか、ダガーナックルが強くなってからは初めて。


更に、今回「ケイオスライザー」というPAが実装したため、その感触を試すつもりでFi/Huでちょこっと遊んでみました。

ダブルセイバーを主力に動いてみたのって何ヶ月ぶりだろうw



ダブルセイバー:殲滅の型





個人的に、ダブルセイバーは軸にするPA次第で「単体型」と「殲滅型」で動くことができました。
というか、以前にダブルセイバーが流行った理由もそこですよね・・・。

デッドリーアーチャーを連打する単体型
トルネードダンスとかまいたちを軸にした殲滅型



デッドリーアーチャーは説明するまでもないんですが・・・。

トルネードダンスに関しては武器アクション「かまいたち」と交互に使用する感じになります。
あんまり、ゲージや「かまいたち」自体を意識しすぎると使いどころに悩んでしまうので

トルネードダンスを使うための事前手段として使ってます。

20140328ダブルセイバーPA





(C)SEGA


たとえばナックルを使用する際、1段目PAを連打するためにスウェーを挟むと思いますが
それとまったく同じです。

また、「かまいたち」自身によってゲージを溜めることが出来るため、ギア3を意識して出すよりも

ギアを最初から小出しにしておくことでゲージを安定して溜めることが出来、結果的にギア3かまいたちを撃つ頻度も上がってきます。


そして、その殲滅の型に新PAケイオスライザーを混ぜてみます。

ケイオスライザーからのデッドリーアーチャーも強いのですが・・・・・。
どっちが良いのかはまぁ今後、やっていきながら考えてみます。

といっても雑魚殲滅であればHu武器を使用したアザースピンセイクリッドスキュアもあるためなんとも・・・。
ただ、逆に言えばワイヤーを用意する必要がなくなったと・・・。
セイクリに関してもナックルに似たようなPAがくるみたいですし・・・・。



また、ケイオスライザーの使用によってギアが全部消費されることを嘆く場面も多いですが
ケイオスライザーが真に活きる場面では、おそらくケイオスライザー一発でギアが1溜まると思われます。
少なくともケイオスライザーから纏めた後PP回収と攻撃の基点としてステアタを一発入れるとそれは間違いないです。

その時点で、かまいたちをまとい、トルネードダンスノンチャデッドリーアーチャー等を入れることで一瞬でギア3にまで上ります。

そして次の2手目からが本番。まぁ1手目で十分なんですが2手目で仕上げる感じになります。

avi_000448980
(C)SEGA

まぁつまり、瞬間的にギアを最大にできる環境が、エネミーが大量にいる状態であるため
もともと、3匹程度であればデッドリーアーチャーで各個撃破したほうが早いというようなPAみたいです。

テクターがゾンディールで敵を纏めて多重法撃爆発で雑魚殲滅において局地的に超火力を発揮出来る

ようにこのPAも、ほぼそんな印象でした。



またシザーエッジの変わりにダウン技として機能するのが便利なところですね。

ツインダガーシンフォニックドライブでも比較的簡単にダウンが取れますが
複数まとめてダウンを取れるというのは結構貴重です。

打ち上げは迷惑というイメージがありますが
打ち上げPAは飛行系エネミーをその場に落っことす事が出来るため
相手と場面をしっかり選べば有用です。


ゾンディールとラザンを組み合わせたような技になりますからね。
範囲性能はさすがにゾンディールにかないませんが・・・・・。


まぁしかし、今のPSEバーストの仕様だと活用・・・・は難しいのでなんとも・・・・。

やっぱり、そういうところは本業ゾンディール使えるテク職とは住み分けされてる感じですね。










最近、ファイターダガーのファセットフォリア含めて
わかりやすく強くないが、使い慣れてくると意外と便利

というようなPAが実装されてきてるのでこのまま壊れPAを実装する事なく面白い方向に進んでもらいたいです。
まぁ次の「メテオフィスト」がちょっと嫌な予感してますけどね。

接近しないナックル・・・・・。ぅーん・・・・。パルチさん唯一のセイクリ・・・。

法撃適正皆無のキャスト。どうもみつきです。


そんなひねくれた気持ちでPP特化の道へ走ったんですが・・・。

今回イルバータというまさにPPが活きそうなテクニックが実装したので使ってみました。

Te/Fo や Fo/Te でやったほうが当然強いのでしょうがTe/Fiで活用できなきゃダメなのです!私は!





ポイントはPPリバイバルが当然ない事。

あとイルバータ7発+カスタムザンバースの合計の要求消費量がPP199だということ。
このためOPが不完全なエリュシオンではPPが足りないため、あえて一発目をアクルカータで撃っています。

フォトンドリンクを飲めば、この点は簡単にクリアできますがシフタドリンクでただでさえ低い火力を補っています。
最初から支援目的などであればPP勝負なのでフォトンドリンクを飲むんですが・・・・。

あくまでもTe/Fiとして可能な限りの戦闘スタイルを展開する。
イルバータは新しい糸口になりそうです。


あ、でもフォースをレベリングする際はやりたい放題やります(ニヤリ




そしてもう一つ、アプデで事情がかわったお話。


テクターやってると嫌でも気になる「装備条件
複数のウォンドを扱うため、多様な装備条件に適応する必要があります。
打撃条件や技量条件も決して少なくないので・・・・。特に滅牙ウォンドは・・・・・(後述)


そして私自身キャストであるため、法撃関係のステータスが絶望的に伸びません。
現状テクターは滅牙ウォンドをそれぞれ持てれば、高要求の高性能ウォンドを持つ必要は特にありません。

とはいっても最低限必要な法撃力はあります。

それは「イエーデクラブ」を装備するのに必要な法撃力650
一見簡単そうな数値ですが私はキャストです。

あと必要なのはそれだけではなく、私がテクターで使用しているナックル。
ヴァイスコメート」に必要な要求値:打撃力600

更にこれだけではありません。
アクルカータ」に必要な要求値:技量450

武器毎にマグを持ち帰れば済みそうな話ですが割りと簡単な話ではなく・・・・。

というのも出来るだけ一つの環境である程度こなせる「超絶器用貧乏」を目指しているのもあって
フィールド毎にツリーを使い分ける。なんて事も滅多にありません。

ただ、それだけテクターに可能性がある事を信じてます。



しかし、そんなところにひょこっと現れたウォンドが・・・・。

20140328キングイエーデクラブ

キングイエーデクラブです。
報酬期間でもない今無理にイエーデクラブから乗り換える必要は特にないんですが・・・。

目玉はその装備条件です。

打撃力550になっています。

そう、つまりイエーデクラブの法撃力650をクリアする必要がなくなりました。

といってもバッサリマグから法撃を削るとさすがに法撃力の低さが否めないので
マグは作っていたバランス型「打撃40 法撃105 技量30」をそのまま使っていきます。

これにより、実は「法撃無振り」のマグであっても「滅牙ウォンド」が全て装備可能になりました。


以下条件はこのとおり

打撃550 炎:原生滅牙 キングイエーデクラブ
技量450 氷:海王滅牙 アクルカータ
打撃530 氷:龍滅牙   バリドランウォンド
打撃530 闇:龍滅牙   バリドランウォンド
技量420 光:負滅牙   ダガッチャウォンド
法撃500  雷:機甲滅牙  ガーディトーチ

打撃500 闇:エリュシオン

技量400 タリス:プルミケロース

打撃600 ナックル:ヴァイスコメート
打防420 ダガー:マリーネイルス
打防400 ダブセ:バイオゼクト



なお、風ウォンドがありませんが、ダガッチャウォンドとキングイエーデクラブにその存在が完全に喰われているため

新しい風弱点エネミーが出現するまで空席となります。


高要求の法撃条件がなくなったため、要求達成が安易に。
これでスキルツリーでSP4使用して調整していた部分を開放する事ができたので
新たに活用できるスキルに振りなおします。


調整バランスマグが完成目前での登場だったんですが、ツリーの要求調整を崩す事が出来ただけ嬉しい結果です。



最後に予断ですが新しく実装したFoTe装備可能なナックル「シロクロー
これの要求は法撃防御425

キャストテクター・・・・。お察しください。

Te/Fi謳歌中のみつきです。


そろそろ、しばらくFi/Huになろうかと思ってるんですけど

Te/FiでファイターできるんでずっとTe/Fiな状態です。


ずっとTe/Fiをしながら、また昔はFi/Teをしながら思ってた事。

TeでメインのFi武器を振りたい・・・・。
Fiでメインのウォンドたちを振りたい・・・・。

そんな中に、現れた「マリーネイルス
そして今、「バイオゼクト」と「ヴァイスコメート」が普及し
事実上、Fiのメイン級武器がTeで使えるように。

私は「Te/Fi」で使えるものは全て使うスタイル。
TeでありFiであり・・・・。という感じです。

Elを手に入れ遠距離火力を補強。
PP超特化とプルミケロースによって、あたかもFoのPPリバイバルをもったような支援手数

その上で、「テクター」としてプレイしてます。

なお、未だに「サザン16」は持っていない模様。


以下、全て同じスキルツリーによる同じ環境。

龍滅牙による3分ヴォルドラゴン

大型ボスとソロで最近戦ってなかったので・・・・・。
テクターの基本仕様通り?の戦い方。
打撃と法撃爆発によるダメージソース と 状態異常などを狙ってテクニック
上手く切り替えて凍結手段とダメージソースを両立。






構想上の型:スノウ夫妻戦

ウォンドラバースでステップを手に入れたテクターですが。
3段目やザンバースを敷く暇がない状況であれば理想よりかなりDPSが下がります。
ステアタオンリーになるようであれば、ステップしないほうがマシで
「ミラージュしたくない」という思いでボスエネミーのモーションを盗んだ方がマシです。
ウォンドラバースの+35%のおかげで、強くなったように感じますけどね。
まぁウォンドステップ幅自体、性能いいものでもないですしね・・・。

動画は「素直に殴ったほうが良いだろ」状況も結構ありましたけど・・・・。ぅーん。
ダブルセイバーナックルのステップを駆使して確実に削っていく戦法の構想という事で。
肉薄してるのでPP元を確保しやすいところも。

私が構想上、理想する戦い方が、だいたいこういう方向性。




Te/安置ツインダガー

ウォルガータは空中安置。
ということでチェイスを貼り付けて(無くても威力不足にまではならない。
ツインダガーでバリバリ攻めます。
Fi/Hu」で済む話ですけどウォルガータに出会うたびに「Fi/Hu」にするためロビーに戻る
というのはまた無理は話。

Teで出来るからこそ意味がある。と思ってます。
なおマリーネイルス雷属性のためダメージ倍率にエレメントウィークヒット+20%が乗ってます。








Te/Elによるゴロンゾラン

遠距離の瞬間火力を引き出すためにエリュシオンを使用し
ダウン後、ラッシュを適正滅牙ウォンドで畳み掛ける。

テクニックと打撃攻撃、使い分けの亜種。
同じ闇属性でEHWが乗っていても龍滅牙の差によりチャージテクニックおよび、打撃攻撃
バリドランウォンド
のほうが性能は上。





背のりダガー

サブHuでもパルチ使って同じ事できますよねぇ。
動画みたいに乗って乱打する場合もあれば、そのままツインダガーで戦う事もあります。

ツインダガーはギア3でダメージ倍率が+50%されるので、サブ利用でも
しっかりギア運用できれば、主力級の強さに化ける事も。

上のウォルガータなんかがそうですねw
シンフォニックドライブは問答無用でロック箇所に飛んでいく習性があるので
殻にもぐったゼッシュレイダなんかも頭ロックしてれば蹴れます。

その上でギア3を維持できているのであればテクニックを撃つよりもシンフォニックしたほうが強い状況も多い。
それでゼッシュレイダひっくり返してました。まぁケースバイケースですけど。いろいろと。
別にゾンデ使っても問題は無くw

エリュシオン
手に入る前は龍祭壇の「ディランダール」に対してはシンフォニックで蹴り倒してました。
闇テクニックは挙動が遅いのもあり、闇以外を選択するとEWHが適応されず威力が下がるからです。
その上で遠距離テクニックで致命的なダメージを出せなかったため、シンフォニックが正解に・・・。










Fo(El)の特化ツリーや今をゆくBr・Guなどには当然及ばないところも多いですが・・・。

私は、こんな感じな考えでテクターを謳歌しております。


テクターどう見ても強いと思うんだけどなぁ・・・。うーん。
どうして未だに弱職という扱いなのか・・・・疑問。

EWH2実装したら「古の誓い」的倍率がFiブレイブスタンスと一緒の44%だよ、やったね。
なんか存在はあるらしいんですけどね・・・・。

ただしこれが実装したらそれこそ「属性一致してないウォンドはその状況では一致ヴィタ武器以下
極端だけどそれぐらいインパクトある差が生まれるんだろうなって思うと
というかその手の武器も今じゃクラフトできて強いですしね。

EWH2を出すことで「ほぼ各属性揃えるのが強制」みたいな職環境になるのを恐れてるのかなぁ・・・。

まぁ、でも「公式KMR」が「特化武器・武器の使い分け」という環境を作っていくとばっちり発言があったから
テクターの今の使用「特化武器を揃えて始めて一人前」は覆ることはないんだろうなぁとしみじみと。

まぁでもあの発言はうれしかったです。
今のテクターの縛りともとれるEWHを活かすのに必須になる全属性武器。
これが今の公式の方針そのものだから。


まぁ、そこが好きなんですけどね。やりこむだけ輝く原石みたいなクラスで。
クラスを理解してこそ!ってところもテクターの魅力ですしね。
間違っても昔のFoや今のBrGuみたいなクラスにはなりたくない・・・・。

一週間お疲れ様でした。

激戦でしたね。
モニカ・ドゥドゥとの決戦・・・・。


そんなこんなで私自身も、報酬期間の恩恵を受けて、いろいろと新しいスタイル、もとい武器種を増やし
念願の防具も更新することができました。


Te/Fi 全活用武器
20140320TeFi全武具



活用とは入ってますが、すいません「ウィンドミル」は実質空気です。
これに+「ニョイボウ」と「ラムダブラオレット」を箱を割るときにもったりする事もあるので+2個増えます。

宝剣バルムンク」これに関しては「憧れ」もありましたが
「フォースで使える」という利点を言い訳に採用。

実際は、「ダガッチャウォンド」が光枠には鎮座しているため、出番は少ないんじゃないかと・・・。

ウィンドミル
に関しては「イエーデクラブ」と「ダガッチャウォンド」の2本がそろうと空気になります。


と、いうことで「バルムンク」と「ウィンドミル」は気にしないでください。

あと、「アクルカータ」に関しては、「打撃アップ」を振り分けたツリーにする事で
マグでカバーしている「ヴァイスコメート」の装備条件600をスキルでクリアする事で
アクルカータ」を含めた全武器が仕様可能になります・・・が
現在ウォパルで出向くことがまったくないため装備条件を切りました。

テクターツリーで「デバントカット10」切り「打撃アップ10」にする事で全装備条件クリア可能。
※正確には「打撃アップ9以上」でクリア。打撃力+40を捻出。
※ツリーやマグは準備済。いつでも切り替えれる状態。


この辺に関してはまだちょいちょい考えていってみようと思ってます。
幸い、防具も更新できて防御力上がりましたからね。





さて今回負滅牙以外の滅牙潜在が軒並み「+20%」へと進化したことで下位部位が上位武器をたやすく飲み込む現象が起こりました。

本来、近いうちに更新を予定していた「闇バリドランウォンド
これは「闇エリュシオン」が完成する事で闇枠を譲る予定でした。
しかし、+10%から「龍滅牙+20%」へと進化を遂げたため、「闇エリュシオン」を越える性能に。
結果的に「エリュシオン」は「CLASS-El」としてのツールとしてだけの存在になりました。

ノンチャElナメギでディランダール騎乗主を確殺
20140320Elナメギ
(C)SEGA
※闇特化ツリーなどではないので威力控えめなのはご了承。


まぁ、「ついでに殴る」といった使用感の中で特に威力不足を感じる事もないのですが・・・・。


バリドランウォンド」一応上位互換に「エクスウォンド」がありますが性能が誤差だと判断し更新してません。
それでも、私の中ではもうすぐ現役ウォンド一周年を迎えるんじゃないかなと思ってます。

バリドランウォンドを作ったのは自分のブログを振り返ると去年の6月。後3ヶ月。

新しい龍滅牙ウォンドの実装前に、クラフトアップデートがあった場合。
エクスウォンドバリドランウォンドの差がクラフトにより実質、画一化される
ため現役期間は更に・・・。



ガーディトーチ」もいつのまにか雷枠として代用されている「無月大幣」に喧嘩を売れる性能に。
まぁ、私が「無月大幣」を所持していないので、確かな事は言えないのですが・・・。


エリュシオン」の件がありますあからね・・・。少なくとも悪天候時は・・・・。



木村氏が生放送で発言した「特化武器押し(使い分け)」もともとテクターはEWHの仕様上
属性をあわせた特化武器が強くなる仕様でしたが・・・。

滅牙の上方修正により、武器を揃えたTeと揃えてないTeの格差がガッツリ広がった結果に。

エレメントウィークヒット+滅牙で「ダメージ+44%」です。
負滅牙のみ+35%です。

炎・原生滅牙
氷・龍滅牙
闇・龍滅牙
氷・海王滅牙
雷・機甲滅牙
光・負滅牙

がこれにあたります。

つまりバリドランウォンドからエリュシオンの差なんていうのは
最適化武器・攻撃による倍率」で軽く飛び越えられるものになってます。

まぁエリュシオンは唯一無二の別の用途があるため、その部分は比較になりませんが・・・。

ダガッチャウォンドによるチェイス付3段目の一撃
20140320ウォンド殴り
(C)SEGA
※実際にはザンバースを展開する事も多々。


※動画は滅牙上方前のため「機甲滅牙+10%」になってます。












PP超特化ユニット」が[6th Stage]へ、[第六世代]へ、更新できたことで
私のアイデンティティであるPPが限界突破。

■キャスト趣録 -基礎PP201:新PP超特化防具完成-

ベースのPPが184になった中、武器を含めれば[196~201]というところまでくることが出来ました。
しかし、更にPPパフォーマンスを上げる事に成功。

20140320プルミケロース


PP+20のPP超特化OPに仕上がったプルミケロースの誕生。
これによりプルミケロース時は[PP204]

防衛戦などのときは、基本的にタリスをもってほぼフォース化しているため
PPリバイバルの無いTe/Fiでは重要なピース

消費PP軽減を最大PPに換算した場合[PP232]相当のパフォーマンスを。
また防衛戦などではフォトンドリンクでPPを底上げするため[PP255]相当のパフォーマンスになります。

サザン16を未だに・・・もって・・・いない・・・。
かつ、サブFoでもないためにフォイエ系のスペックアップもままならず。

かなり遠距離戦スペックが無い私です。
たまにElナメギする事はあっても出が遅く、また弾数が限られる・・・。

そのため、シチュエーションによっては支援に徹してる事が多いです。
防衛戦が代表例な感じですが・・・。

そのため基本的にタリスを持ち、「ゾンディール」「ザンバース」を基本に支援展開してます。
ザンバース」を事実上、「己の火力」として
そこに「ラ・バータ」を混ぜたり「レスタ」「メギバース」を織り交ぜていきます。



前線迎撃時は、タリスを投げずに「ゾンディール」で吸い「ノンチャラ・バータ」を連発。
ラバータ溜めてる暇ないですからね。

他にガンナーさんがヒールスタップ等を準備している場合。
隣で「ザンバース」を準備。湧きと同時に展開しすぐさま「ゾンディール」へ移る事もあります。

支援以外・・というかこれも支援ですが瞬間移動する「ディガータ
これは確実に私自身で仕留めきる自身が無いため。
ラ・ザン」で浮かしダウンさせ、瞬間移動までの時間を稼いでます。

Br様Gu様がその後溶かしてくださいますので。


そんなこんなのテクニックアクションをサポートしてくれるツールに仕上がりました。



それでも拠点前殲滅の場合でPPを使い切った場合はウォンドをもち、多重法爆をきめながらPPをまわし
支援テクを展開してます。

自爆で死ねる危険があるので最終手段状態。


テクニックカスタマイズ「集中のラフォイエ」が実装してくれれば
この火力欠乏の悩みも解消されると思うんですけどね・・・・。

チャージ時間が・・・ネック・・・・。




でも、エクストリームクエスト等では火力の仕事もあるんですよ。

ゾンディ・イルフォ連続爆撃
20140320プルミケイルフォ
(C)SEGA
※ゾンディール→ノンチャイル・フォイエ4連続


こうやって爽快に殲滅!!!
雑魚殲滅系はだいたいこれでなんとかなる!

いやまぁ、ウォンドもってゾンディで吸って多重爆発してもいいんですけどね。
実際そっちが確実ですし。


まぁ、他にも基本テクニックで戦う!というシチュエーションではプルミケロースを手に
テクニックを撃ちます。

滅牙ウォンドのほうがダメージは出ますが・・・。手数が別次元なので・・・。









最後に今回、充実したファイター武器。

昔使っていた「フォシルヴィクター」さすがに今となっては威力不足。
そういう事で今まで主に「雷マリーネイルス」のみでしたが。

今回「光ヴァイスコメート」と「光バイオゼクト」を迎えた事でFi武器3種の運用が可能に。

今後実装される「バイオシリーズのツインダガー」一応これも入手予定です。
実際、入手した場合でも「マリーネイルス」と属性が違うためEWHの仕様で
使い分けになり、「マリーネイルス」は雷ダガーとして活用が続きます。


用途はファイターとして使う内容とほぼ一緒です。

ただし、何か「ずっと同じで飽きた!」とか思ったときに完全に「Fi/Te」になることもあります。正直。


まぁ第一に移動手段!そして!

ダガーギアを維持することが出来れば高威力のPAを放つことが出来るため下手にテクニックを撃つより強いシチュエーションもあります。

また、相手が雷弱点の場合。ウォンドの代わりにEWH付ブラッディサラバンド前方範囲を攻撃する事も。
シグノビートとかゾンディで吸うの怖いじゃないですか・・・。

「テクニック撃てよ!」って話ですが実際テクニックよりこっちが強いんですよね(
ボルトマスタリーを持ってるわけでもなく・・・。

ウォルガータ戦に関しては弱点の目に当たりまくるし、空中安全だしで良いことづくしですよ?


※動画はFi/Hu


20140320TeFiダガー
(C)SEGA
※そのまま乗ってウォンドで叩く事も・・・。




ダブルセイバーはファイター同様、スタンスを維持したまま相手の背面を攻撃する場合に活用。

個人的にファイターはスタンスをころころ切り替えて戦うのではなく。
全体的な主なシチュエーションにあわせてスタンスを決定しそのスタンスにあわせて戦うもの
だと思ってます。
まぁ、実際そんな頻繁にころころスタンス変えてられないのが事実ですしね。

20140320TeFiダブセ
(C)SEGA
※チェイス付与でダメージアップ



ナックルも、一種の移動手段。
ただしBHSによる瞬間的なダメージとステアタによる機動力を両立できるため
速度と単発火力がほしい時に活用。


エクストリームクエストでクラバーダやサイクロネーダの弱点撃破や部位破壊とかで特に便利。

20140320ヴァイスコメート50
(C)SEGA
※左:チェイス有  ・  右:チェイス無
JAちゃんと乗ってないかも・・・・。


まぁファイター時は基本ナックル・・・。
ほぼ全種類活用しますがベースはナックラーなので趣味で持つことも多いです。


また、「マリーネイルス」と「ヴァイスコメート」は「光輝の癒し」がついてるので
移動兼PP回復促進として使ってます。

テクターはPPリストレイトがありEWHの前提で5(+21%)は習得するため
光輝の癒しをつける事で合計「回復速度+40%」になります。わりと早いです。
誤差って言われ方もしますけどねー。




今回、★11の武器が増え、テクターで装備できるファイター武器が充実したため
ここまで拡張できました。

こんな感じでTe/Fiをどんどん拡張していこうと思います。

しかし、やれる事というか、使える武器が多くて、ちょっと混乱気味なのも事実・・・。
といいつつも武器パレッド6個じゃ足りません・・・。

10個とか12個にならないかな・・・・・。



まだ、タリス完成後とかに満足に防衛戦に参加でいてませんし
サザン16を持ち合わせていないのもありまだまだやり方変わっていきそうですね。

まぁそれはそれで飽きないから良いんですが・・・。


今後も変な方向に試行錯誤しながらがんばっていきます。


毎度毎度、深夜のハイテンション状態で書き上げる記事・・・・。
途中から何書いてるからわからなくなって・・・・る?


OP合成大敗北しましたみつきです。


悲しい・・・・。
全ての素材が湯水のように消え最終本番は余裕で全部落ちました(・∀・)

笑うしかないね!!!


っと、ところでOPはまぁいいよ!もう!!


先日の★11大量解禁アプデによって、私「Te/Fi」の武器が充実しました。


Te/Fi活用武器一覧
20140313TeFi活用武器一覧
(C)SEGA



といってもガンスは最近使って無いですねぇ・・・。レーゲンシュラークあるんで移動や
突撃からのダウンとるにはいいのかな?



ファイター武器が全てテクターで使えるようになっているので

Te/Fiのまま事実上Fi/Teが出来ます。

テクターで殴ったほうが安定感はあるんですが、なかなか相手のスピードに追いつけなかったりすると
Fi武器が戦いやすいときもあるので一長一短、得意なところを利用して戦います。

ウォンドラバースでステアタを得たとはいえ通常攻撃3段目を当てれないのであればかなり
殴りの火力に期待度が下がるので。

それならば遠くからテクニックやEl、Fi武器で戦ったほうが良いですからね。

更にFiツリーはチェイス特化なのでエネミーに状態異常が付与できた場合。
殴り法撃爆発はもちろん、Fi武器の威力も爆発的に上昇します。



あと、地味に「闇エリュシオン」と「闇バリドランウォンド」かぶってて「バリドランいらないだろ
と思うじゃないですか?

ところがどっこい

殴り威力バリドラン」>「エリュシオン

チャージテク威力バリドラン」>「エリュシオン

ということになりました。
得意のノンチャナメギとかの威力はエリュシオン、ダントツなんですけどね。


一応メイン「テクター」っていうテク職ですけど、だいぶ近接打撃脳に侵されてます。


私的テクター戦闘スタイルTe/Fi
20140313TeFi-Fi
(C)SEGA
20140313TeFi-ElTeFo
(C)SEGA

以下、あくまで私のスキルと装備、環境による個人的な考え・考察。



共通
・EWHがあるため、常に弱点属性の一致を意識して狙う。
・チェイスアドバンスがあるため、中型ボスは積極的に状態異常付与。チェイス成立時は火力が爆発的に上昇。
・PTでは特にザンバース等を多様し、周囲の味方を巻き込んで火力貢献量を稼ぐ。状況によってはメギバースで死を恐れずに特攻した方が良い場合も。



ウォンド
・EWHにあわせて滅牙を揃えているので、エネミー毎に適正ウォンドを使用。
・ゾンディ多重爆発で継続した雑魚殲滅。これだけならほぼPPを使用しない。
・テクニックは吸う(ゾンディ)・落とす(ラザン)撃つ(攻撃テク)
・大ボスなどの長いダウン時は息切れが無いため下手にFi武器を扱うより安定して高いDPSが出せる場合も。



闇エリュシオン
・サザン・ナメギド等ノンチャ専用、遠距離での火力捻出用。
・状態異常付与(ラメギド)や殴り法撃爆発は闇バリドランウォンドに軍配がある事を考慮する。
※まだ、手にして日が浅いので研究不足です。



タリス
・支援用道具。基本的に支援を投げ込む用途。
・ザンバースやゾンディール、メギバースを投げ込むといった用途が多い。
・PPリバイバルが無いが、防衛戦時などはフォトンドリンクを飲むためPP214
 スキルが無くても、それなりの支援手数は稼げる。



ツインダガー:雷マリーネイルス
・インターバル(ウェイティングタイム)時に「光輝の癒し」でPP回復促進。
・ステアタによる高い移動性能を得られる。
・ガードポイントを活かしてサラバンド目前の複数エネミーを殲滅するときに便利。
※EHWの乗る対機工種。TA等でシグノビートが入ることを考慮するとゾンディするより安全な場合も。
・ツインダガーが得意とする対空シチュエーション、ギア3が維持できていればかなりの威力を発揮する。下手に高所弱点部位などにテクニックを撃つより安定してる場面も多い。
※デ・マルモスの角にサラバンドやディランダールの騎乗主、篭ったゼッシュレイダの頭に対してシンフォ等。


ダブルセイバー:光バイオゼクト
・スタンススキルを維持したままエネミーの裏側に攻撃可なデッドリーを活かす。
・あえて、テクニックではなく手数を活かしてダブセで状態異常付与を狙う場合も



ナックル:光ヴァイスコメート
・インターバル(ウェイティングタイム)時に「光輝の癒し」でPP回復促進。
・ステアタによる高い機動力を得られる。
・BHSによる瞬間的なダメージを狙える。


以上、個人的環境内での格武器考察でした。

あ、もちろん裏のメイン?職「Fi/Hu」は今後も現役稼動です。

このページのトップヘ